東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ。企業診断、企業理念、事業計画、組織、人事、労務、財務、会計、税務、相続・事業承継、IPOM&A、事業再生、間接部門改革、士業事務所改革、社外取締役などの総合コンサルです。

東京の経営コンサル事務所なら、
清水経営コンサルティング事務所へ

〒132-0024 東京都江戸川区一之江7-22-5
都営地下鉄新宿線  一之江駅  A1出口より徒歩7分
運営会社:清水コンサルティング・グループ株式会社

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ
株式会社の総合受付番号です。

★営業電話、営業メールは固くお断り
しております。

 

東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ 
100年企業の経営参謀 
清水経営コンサルティング事務所

          
 本サイトは工事中です。11月18日リニューアル・オープンの予定でございます。
 尚、ご相談などの受付は、通常どおり行っております。

  • トップページ
  • メニュー1
  • メニュー2
  • メニュー3
  • メニュー4
  • メニュー5
  • メニュー6
  • メニュー名

東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ

東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ。企業診断、企業理念、事業計画、組織、人事、労務、財務、会計、税務、相続・事業承継、IPOM&A、事業再生、間接部門改革、士業事務所改革、社外取締役などの総合コンサルです。

SGIグループ組織図
<3セグメント 5事業部体制>

サービス・メニュー

サービス案内

1.スポット・コンサル

定期的なコンサルティングまでは必要ないが、不定期に悩みを相談したいしたい企業様向けのサービスです。
1時間単位で、ご相談いただけます。

『三人寄れば文殊の知恵』、大半の問題は解決いたします。

2.経営コンサルティング

当事務所は、企業の業績向上、売上の向上、コスト削減など、企業経営のプロフェッショナルとして、これまで多くの企業様を「儲かる会社」に導いてきまいりました。個人・業中小企業の経営改革に強い当事務所にご相談くださいませ。

3.財務コンサルティング
  

「経営者自身」が変われば「社員」が変わり、「社員」が変われば「会社」が変わります。
即ち、「社内改革」の第一歩は「制度」を変えることではなく、先ず経営者自身」が「自分革命」をすることです。

3.管理部門の業務改善
  コンサルティング  

一般的に「採算性が低い」といわれている管理部門・間接部門の業務改善を行っております。「カイゼン」にゴールはありません。コストセンターからプロフィットセンターへ稼ぐ管理部門・間接部門」
の構築を目指します。

5.財務コンサルティング

赤字が続くから倒産するのではなく、お金無くなると倒産するのです。「0金利」だというのに、銀行は中小・零細企業への融資には依然慎重な姿勢です。当事務所では、資金調達サボート(提出資料の作成から銀行交渉まで)をお受けしております。

6.人事コンサルティング

「人を育てた会社が最後に勝つ!」、「研修を拒む社員に成長はない!」と考えております。当事務所では、少人数制による「階層別人材育成研修」を実施しております。
新入社員研修、一般社員研修、リーダー研修、管理職研修を実施しております。

7.相続・事業承継コンサルティング

中小企業庁が実施したアンケート結果によると、事業を後継者に承継させるに当たって、何らかの障害があると認識している経営者は、全体で4割強に上っています。当事務所では、16社の事業承継を実現してまいりました。

8.IPOコンサルティング

「IPO」とは「株式公開」「株式上場」のことです。株式上場とは、同族や一部の特定株主により保有されていた会社の株式を、いつでも誰でも自由に売買可能な状態にすることです。当事務所代表の清水一郎はこれまでに5社・7回のIPOを実現しました。

9.M&Aコンサルティング

企業がM&Aを行なう理由は「経営戦略としてのM&A」「事業承継のM&A」等に分かれます。特に後者のM&Aが最近増加傾向にあり、後継者不在の解決策等でM&Aが益々利用されています。当事務所では、7社M&Aを実現しております。

詳細はこちら

10.事業再生コンサルティング

我が国の赤字会社の割合は約70%、黒字会社は約30%です。毎年10,000~15,000社の企業が倒産(破産)しています。
当事務所のクライアント企業様の黒字率は、約93%と国全体の3倍強です。
黒字転換企業40社の実績がございます。

11.起業・開業コンサルティング

起業の6割が1年以内に倒産。8割が5年以内に倒産。その事業に採算性はあるのか? その事業は既に絶頂期を過ぎ、衰退期に入っているのではないか? 競合相手の動向は? 事業計画書なども一緒に作成しましょう。

詳細はこちら

12.役員・顧問の引受け

企業経営経験、マネージメント経験豊富な上席コンサルタントが、非常勤にて
社外取締役 社外監査役
CFO(最高財務責任者)
④顧問

を、お引受けしております。

大見出し

装飾見出し

大見出し

1.なぜ一流のリーダーは『孫子』を愛読するのか?

2.働き方革命

当事務所の経営3指針

1.至誠一貫

最後まで「誠意」を貫き通す、「誠実」なご対応を最重要姿勢としております。 

2.英知

全社員・全パートナーが、「優れた知恵」「深い知性」を積極的に自己探求しております。 

3.価値創造

素晴らしい商品でも、儲からない時代が到来しました。真の「価値創造」は「価値の創造」だけで終わらせることなく、「価値の獲得」が必要です。

最高の価値を創造して最大の利益を獲得する、それが企業の目的であると考えております。

 

 

当事務所の3つの特徴

中小・中堅・大企業の現場での豊富な実務経験

当事務所代表 清水一郎 は、中小・中堅・大企業の管理部門での実務経験34年の、現場経験豊富なプロフェッショナル・コンサルタントでございます。

「至誠一貫」の経営姿勢、優れた「英知」「価値創造」の経営改革実現することを最優先に考え、ご支援をさせていただいております。

現場での経験で培われたノウハウを活かして、企業の状況に合わせたサービスをご提供いたします。

会社経営に関することで、お困り、お悩みでしたら、まずは当事務所にお気軽にご相談ください。

大半のお悩み・問題は解決いたします。

代表者 清水一郎 の主な実績

①当事務所 代表の 清水一郎 は、16社の事業承継 を全て解決して
 まいりました。

②当事務所 代表の 清水一郎 は、7社のM&Aを全て実現(成功)
 してまいりました。

③当事務所 代表の 清水一郎 は、5社・7回のIPOを全て実現(成
 功)してまいりました。

④当事務所 代表の 清水一郎 は、40
社の赤字会社を黒字会社に転換
 いたしました。

最強のパートナーがワンストップのサービス

清水コンサルティング・グループのパートナー弁護士、公認会計士、不動産鑑定士、司法書士、税理士、社会保険労務士、行政書士、および
金融機関、証券会社、不動産会社など、最強のパートナー集団による、ワンストップのサービスをご提供させていただきます。

ページ見出しを補足する文を書いてください(例:Welcome to Yamada Company)

ページ見出し

指導者の条件

松下幸之助が考えた「指導者の条件」とは

松下幸之助

「自分より優れた人を使えることですな。そう、これだけで十分ですわ」

 「経営者にとって大事なことは、優秀な部下を集め、あるいは、育てることや。いくら優秀な人でも、人間ひとりには、限界があるわ。なんでも一番ということはない。

自分より、優秀な人はいっぱいいる。だからな、指導者が、なんでもオレがオレが、と言ってもできんわけや。

むしろそういう自分より優れた人を傍に集めて、その人たちを活かし使う能力というか、そういうことができるということであれば、その人は、それで十分、立派な指導者と言えるけど、得てして、指導者という人は、自分より優れた人を遠ざけるな。
だから、いくら優秀でも、自分の程度にしか成功せんわけや」

後藤新平の人材観

後藤新平

後藤新平は、関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の都復興計画を立案した、医師、官僚、政治家です。

三島通陽の『スカウト十話』によれば、後藤が倒れる日に三島に残した言葉は

   「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。
    仕事を残して死ぬ者は中だ。
    人を残して死ぬ者は上だ。
    よく覚えておけ」
であったという。

 いかに有能な人物を使えるか

漢の大帝国をひらいた高祖劉邦が、あるとき、部下の名将韓信に尋ねる。

劉邦 「私は、どれぐらいの兵の将になれるか」
韓信 「陛下なら、せいぜい10万人の軍隊の将でございます」
劉邦 「それなら、貴公はどうだ」
韓信 「私は、多いほどよろしゅうございます」
劉邦 「それだけ、有能な貴公が、なぜ私の部下になっているのか」
韓信 「陛下は、兵の将ではございませんが、将の将となれる方だからです」

 大軍を指揮して勝利を収めるという才能では韓信のほうがずっとうわ手だが、高祖は、その韓信を使いこなせる人物だという中国古典にある話を思い出しました。

高祖 劉邦

名将 韓信

お問合せ・ご相談はこちら(無料)

「清水経営コンサルティング事務所」のサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

ご不明点やご相談などございましたら、
「ご相談フォーム」「メール」「お電話」より、お気軽にお問合せください。

お問合せは、お気軽にお電話くださいませ。

<よくある質問>
 
  • 初回面談したい時はどうしたらいいのですか?
  • 無料相談の制度はありますか?
  • 営業時間外や土・日・祝祭日の相談は可能ですか?
  • 対応エリアを教えて下さい。
  • 結局いくらかかるのか不安です。
  • 追加費用が発生することはありますか?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

サービス内容や料金に関して疑問点等がございましたら、ご遠慮なさらずにご質問ください。
どのようなお悩み・ご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。
少しでも不安や疑問がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問合せはこちらへ

03-6303-4197

コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固くお断りしております。

営  業 日:月曜日~金曜日
定  休  日:土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は24時間・ 365日、受け付けております。

E-mail   info@shimizu-cg.jp

お問合せフォーム

<SCGグループ・サイト>

運営会社
清水コンサルティング・グループ株式会社
経営コンサル事業部
清水経営コンサルティング事務所
人材育成事業部
清水経営改革事務所
FP事業部
清水FP事務所
資産運用事業部
清水財成アセットマネジメント
ホームページ作成事業部
清水あおぞらホームページ

   災害お見舞い

平成30年北海道胆振東部地震により甚大な被害が発生いたしました。
清水コンサルティング・グループ株式会社では、被災者の方々の救援や被災地の復興に役立てていただくため、日本赤十字社を通じ、義援金のご支援をさせていただきました。     2018年9月11日

代表取締役 社長兼CEO
清水 一郎 

親切・丁寧な対応をモットーとしております。気軽にご相談ください。

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固く
お断り
しております。


   日:月曜日~金曜日
定  休  土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は、24時間・ 365日受け付けております。

info@shimizu-cg.jp  

   全国対応可能

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木.群馬,埼玉.千葉,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川, 愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分.宮崎.鹿児島,沖縄

       プレスリリース

「日経ビジネス」特集
   2016125日号に、
      代表取締役社長兼CFO 

  清水 一郎  のインタビュー
      記事が掲載されました。

「掲載記事はこちら

  スマホ用QRコード

 SCGグループ・サイト